ヲモカゲ堂の妖怪工場(´ι_` )


放置しちゃってゴメンゴメン(´ι _` )ゞ←byNSP

今久しぶりにアクセス解析見たら
まんざら亭でのイベントの後このサイトにも結構人が来てくれたみたいで
放置しちゃってゴメンゴメン(´ι _` )ゞ←byN・S・P
...なワケだけど知りませんか夕暮れ時は寂しそう

http://www.youtube.com/watch?v=o89JAbD0anQ

Yahooブログの方は結構マメに更新してたんスけどね
http://blogs.yahoo.co.jp/bakadekatin

さて
結局妖怪ミイラショウは初回となったGWのat大将軍神社
静岡ホビーショーのダイジェスト版
そしてまんざら亭での3回やったワケだけど
色々思う所もあり
一昨日は「なみま」のお二方に今後の展開も含めてご意見を伺ったり(´ι _` )…

しかしその日はエライ目に遭ってさ
自転車で千代原口から四条大宮まで行っていたワケですが
目当てにしていたダイソーの品揃えがウンコで
いつも行く三条のダイソーまで足を伸ばしたらポツポツと来たんですわ。
でもまあ大丈夫だろうとタカをくくって買い物して戻ったら大雨に降られて困りました(-‥_-;)

小雨になる兆しも見えないので強硬突で目的地に行こうと思った途端
まるで発砲事件かと思われる「バーン」と言う爆発音が…



自転車のリヤタイヤが破裂していました(-‥_-;)ゞ
ギョー(-‥_-;)ココから家まで7キロ余りあるねんぞ(-‥_-;)

とにかく困ったことは頭の片隅にでも追いやって
まあイロイロお話も終わって雨も上がりさあ帰ろうと思ったら雨が強くなりましてね(-‥_-;)

土砂降りの中自転車引いて7キロ歩きましたともさ(-‥_-;)ずぶ濡れになって…

それはそれとして
今後の展開とか野心とか(笑)思っていることを口に出して人に伝えると言う手段は
自分の意思の確認と客観視に繋がってヨイ事だなあと思いました←抽象的でさっぱり判りゃしねえ。

画像が無いとつまらないので最近の買い物2点。

鬼の面

a0197910_20354576.jpg


一角仙人みたいな一本角の鬼の面は珍しいけど
よく見たらコレ一木で彫ってあるのには驚いた(´ι _`;)
普通は本体とツノは別で彫って接ぐと思うんだけどね
なんと一体で彫ってありました。
素材は檜みたいけど盛大にムダが出るじゃんね(´ι _`;)
水木しげるのキャラ(朱の盆)みたいで気に入っている。

能面 中将

a0197910_2036164.jpg


ナカナカの作行き(´ι _` )…
前回買った小牛尉と同じ位の出来栄えって感じかな。
能面買いやすくなったな。満足しています。
[PR]
# by womokagedou | 2011-07-06 20:36


まぁたお面など買ってみたり(´ι _` )ゞ

最近購入欲が落ちていた面関係なんだけども
今日は京都嵯峨芸術大学まで

嵯峨大念仏狂言展 面の世界

a0197910_22355659.jpg


http://www.kyoto-saga.ac.jp/event/museum/detail.php?oid=44021

なんてのに行ってきたのもあって
イキオイで買っちゃった(´ι _` )ゞ

a0197910_22365018.jpg


その見てきましたヨ記はコチラ
http://blogs.yahoo.co.jp/bakadekatin/25813373.html


そんなに高くは無い。
古いものでもないしね…

能面の小牛尉(こうしじょう)ってヤツだ(´ι _` )
単に小尉とも言う。

尉と言うのは爺さんの事だがこれらは概ね神格化*されていて人間ではない。
カミサマとか幽霊とか…
小牛尉は高砂なんかに使われる尉系の中では(翁系を除けば)最も品格が高い
マアお目出度い面なワケです。

a0197910_22375851.jpg


名のある能面師が打ったモノではないけども
造形的にも結構イイ線行ってると思うんだけどね。

a0197910_22373060.jpg


チト彩色に深みが無いか。

でも満足しています(´ι _` )

*重荷悪尉なんかは若いオナゴに恋して憤死したスゲー俗っぽい話だが(´ι _` )
[PR]
# by womokagedou | 2011-06-10 22:44


世紀の妖怪ミイラショウphase1、5(´ι_` )静岡ホビーショー編

a0197910_150579.jpg

そんなワケで神社の社務所でやってみた世紀の妖怪ミイラショウは
今後の期待や改善点を曝け出したモノのそれなりの期待感もあり
次に毎年参加してる静岡ホビーショー会場でやったらどうなるか?
と言う事でσ(´ι_` )が単身静岡に渡ってやってきたのである。

静岡ホビーショーと言うのは模型都市静岡で開催される
プラモデルの世界的見本市と言って良かろう。
各メーカーの新作お披露目、物販など色々なコンテンツがあって
模型に全然興味が無い人が来ても恐らく満足できる中々魅力的なショーなんだよ(´ι_` )
(事実一般来場者の殆どはマニア層ではなく家族連れやカポーである)

例年は自衛隊によるデモ飛行や車両の展示もあるのだが
さすがに今回は地震の関係もあってその辺はオミットであった。
又土曜日終了後モデラー交流会での飲み食いも中止し
その分の費用は全額東日本大震災の被災地に義援金として送られる由。

と言うワケで7万人の集客がある大きなイベントなのだ

それだけ人出が見込めるのであれば
人々の反応を見たいではないか…

ホビーショーにはモデラーズ合同展示会と言うコーナーがあり
要するに腕自慢(笑)の模型愛好家が自作のプラモデル完成品を飾って
みんなに見てもらい悦に入ると言う
そう言っちゃうとミもフタも無いんだが
今回は「島」と呼ばれる大きな場所を申請したトコロ恐ろしい事に認可されたので
オレの割り当てタタミ三畳分にミイラ並べて
「世紀の妖怪ミイラショウ」を再現してみようと思ったワケ…

勿論「見世物小屋」ではなく明るくオープンな場所で一人でやるわけだから
大将軍神社でやったのとは全く異なるスタイルに変える必要がある(´ι_` )
周囲との関係もあるから鳴り物も無く暗幕も無く
無作為に歩いてる人の脚を止めて見せるとなれば、
20分なんて長丁場引き止めておく事は不可能だ。
(しかも特段妖怪に興味があるってワケでもない一般の人々だよ)
エッセンスだけを抽出しトータルで約5分!
と言ったダイジェスト版妖怪ミイラショウであった(´ι_` )

幾つかのミイラは見せておき
中の何点かは布をかけて隠しておく…
そうするとイヤでも中身が見たくなんだよ


人が集まってきたら随時口上を語り始めミイラショウの始まり始まり~なワケだ。

評判は大変良かった(´ι_` )
驚いた事に初日の朝一般公開前にGigazineが取材してくれて

a0197910_1448890.jpg


と言うか取材として訊いてくれたわけではなかったので全然知らなかったのだけれど
日曜日にマイミクのピエール氏からメールをもらって驚いた次第である
http://gigazine.net/news/20110514_mummy_shs50/
まあネタバレっぽいんだけどね(笑)
こうなるとイヤでも随時新しいミイラをカクホしなければならんな(´ι_`;)
a0197910_1448546.jpg



ローカル局であるがSBSテレビ(静岡放送)の取材もあり
a0197910_14555488.jpg


本日のイブニング・アイで放送される由(オレは見れんけど)
インタビューの中で(アドリブで)
「これはプラモデルですか」と訊かれて素で言葉に詰まったが(笑)
(プラモデ云々として適当かはさて置き)
イベント来場者の耳目を集めるコンテンツとして感触は上々であった。


今静岡ホビーショーで検索したらさ
MSNニュースの画像がなんとウチのサークルだ
南原造船ニコヤカに写ってんなオイ(笑)
a0197910_1447691.jpg


http://sankei.jp.msn.com/region/news/110515/szk11051513280006-n1.htm

合同展示会には200もブースがある中でニュース記事の写真が
プラモデルのスキルと言う意味では
恐らく最下層に近いレベルの我がサークル
(勿論オレもだ)が
採用されるのか不思議であるが
こうやって我々は又要らぬヤッカミを買い色々言われるのである(´ι_`;)
[PR]
# by womokagedou | 2011-05-16 15:02


世紀の妖怪ミイラショウ(phase1)(´ι_` )

去る5月の3,4 日と
京都市一条商店街の中にある大将軍神社内で
恒例の妖怪フリマモノノケ市が行われたのであるが
そこで髑髏城なみまにさんかくヲモカゲ堂のコラボレーション企画
「見世物小屋」をやってみたのであるよ(´ι_` )

妖怪ミイラを使った見世物小屋と言うコンセプトは以前からオレの中であったのだけども
個人では具体的に実行するに当たってのモロモロの問題がクリアにならず
3月の定例会の席でポロっと言ってみたら
関係各位のご協力の元実現した次第である(´ι_` )
結果から言うと総じて好評であった・・・

好評であったのだが
実際そこに至るまでは数々の苦労・・・と言うか
あまりの準備の出来てなさはもう笑っちゃうレベル(´ι_`;)
打ち合わせも当日朝(´ι_`;)
会場飾りつけだけで時間は一杯イッパイで
リハどころか練習すら出来ていない状態で本番と
実際やってる側の人間にも
「一体どんなものが出来るのであろうか?」が判っていない手探り状態で
テイクワンをに見に来てくれた人たちは本当にお気の毒としか言いようが無い(´ι_`;)

4体のミイラの紹介を一体5分と見てトータルで20分(初回のみ30分)
一回ごとに反省会をやり試行錯誤しながら趣向を若干変え
2日間で10回以上やったワケだけども最終的には
「現状でのベストな着地点が何となく見えたかな?」
と言う感じでまとまりを見たのであるよ(´ι_` )
(だけど最初にやったヤツが手探りながら
ある意味での面白みは一番あったのではないかとも思っている)

基本的にサ
モノ造りをしてる人間ってのは行動パターンが孤独で地味なのさ(´ι_` )
閉じこもって一人で作ってるワケだからね・・・

「人前で表現する」と言う作業は
「作品に語らせる」と言う作業とある意味対極にある別の自己主張であって
そりゃ中には歌って踊れる造形師だの絵師だのってもいるかもしれないけど
概してそう言う人たちは「歌って踊れる○○」の「○○」の部分…
つまり本分が歌わない(歌えない)人の作品よりも脆弱なんじゃないか
と個人的には思う(´ι_` )

正味説明のうまい作家は作品がヘタなんだよ(´ι_`;)
モノ自体が雄弁に観客へ語る事が出来ていれば
解説なんてのは蛇足以外の何物でも無いワケで・・・

だから作品の解説ではなくて
「見せ方そのものをプロデュースして、雰囲気までをインクルードした全てが作品」
と言う提示をするにはそれなりの方法論が必要・・・と思うに至ったのサ

思いつきの様につぶやいた「見世物小屋」と言う企画は
実は事程左様にσ(´ι_` )なりの深謀遠慮が働いているのであった(大笑い)


そんな風に思ってるオレは今まで演劇とか舞台とか興味無くて
無くてって言うかソレはソレでその道専門で目指してる踊り子なり俳優なりがいる筈だから
「普段引き篭もって造形してる人間が真似事やったって
上手く出来っこねんじゃん(´ι_`;)?」と
「自分がやる事に関して想定していない」と言う意味の興味の無さなんだけども
実際自分がやってみたら色んな機能が見えてきたのは大きな収穫であった
そして作り手がやる事の意義と言うか
トータルで作品たらんとするなら自らが各分野に
積極的に関わらなくてはならないと思った次第であった
(実際自分がやるかどうかは別としてね)

具体的には音響や照明、衣装の重要性なんかは
頭で判ってはいても実感する機会と言うのは中々無いのだ(´ι_`;)

コスプレって言うけど
衣装は演者がスイッチ入れるための重要なエレメントで
ビジネススーツにはビジネスマンの、警官の制服には警察官の
ただの人がその職種や立場にモードを変えるのに必要不可欠なんである(´ι_` )
当たり前っちゃー当たり前なんだけどさ
今回座長(笑)として口上を述べるのに
「なみまにさんかく」のお二人が用意してくれた衣装の果たした役割は大きい

現場レベルの視点で語る改善点も的確だと思った。
的確とかエラそうな事言えないんだけど(笑)
だって気づきすらしてないワケで(´ι_`;)
ド素人相手にもっと注文つけたい事もあったと思いますが
今後の課題として生暖かく見守ってつかあさい。

設営そのもの、又設営に用いた備品にしろ即興で書いて頂いた題字にしろ
実際会場との折衝、境内にいるお客さんを引き込む客引きとしての役割
営業的な手腕は全面的に髑髏城による部分である。
主任の役割の大きさも改めて痛感した次第である。

さっきモノ造りは製作以外の自己表現が苦手な人種が多いと言ったが
同様に我々のご同輩は外部との折衝や交渉、営業面も総じてダメダメなのが常なのだ(笑)

さて
エンタメとしてのショウは「作品に語らせる」と言う普段の自分のフィールドとは全く違い
又ソレゆえに相互にフィードバック可能な要素があるのだろうし面白いトコなんだが
大切に育てればこのショウは面白い展開があるのではかなろうか・・・
なんと言うか
若い人たちの真剣さみたいなモノに
オレは少々感動を覚えた世紀の妖怪ミイラショウであった(´ι_` )

そんな事を感じつつ、静岡ホビーショーと言う全く違った場で
試験的にミイラショウをやってみたらどうなったか?

と言う話は又後で(´ι_` )
[PR]
# by womokagedou | 2011-05-16 14:05


「絵画と人形 前島哲也作品展 時空の舞踏」(´ι_` )

「絵画と人形 前島哲也作品展 時空の舞踏」
a0197910_10385641.jpg



伝統的な木彫胡粉彩色技法で製作した人形と板絵を展示いたします

at同時代ギャラリー

a0197910_10403869.jpg


〒604-8082 
京都市中京区三条御幸町南東角1928ビル1階 
http://www.dohjidai.com/top.htm 

2011年4月26日(TUE) until 5月1日(SUN)
12:00~1900
最終日は18時位までの展示となります。

Tel/Fax (075) 256-6155
1928 bldg,Sanjo Gokomachi,Nakagyo-ku Kyoto
[PR]
# by womokagedou | 2011-04-17 10:41

    

一閑張りや木彫胡粉彩色と言った伝統技法で作られた妖怪たちの巣窟
by womokagedou
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧